2002年

 研究者らは、大環状化合物(勘定すると14員環ね)の中の二つのメチレン基をホスフ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

反応性の高い

 炭素—炭素π結合や、元素同士の間に電荷が偏った極性結合を糧に新しい炭素—炭素結...

» 続きを読む

| | コメント (0)

有機過酸化物は

 本来不安定で、ぞんざいな取扱いはあかんていである。CH3O-OCH3の結合解離...

» 続きを読む

| | コメント (0)

環縮小反応を

 利用すると六員環から五員環を導くことができて、これによって複雑な分子構造をつく...

» 続きを読む

| | コメント (0)

これまでのところ

 単分子マグネット(SMM)の記憶効果は、14Kまでの極低温でのみ、磁場の影響を...

» 続きを読む

| | コメント (0)

リチウム電池は

 充電されると電解液のリチウムイオンが、カソードからマイクロメートルの薄い多孔性...

» 続きを読む

| | コメント (0)

複数の水酸基を

 有する化合物、たとえば抗寄生虫薬イベルメクチンを修飾して有用な新しい化合物をつ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

芳香族化合物で

 奉公して、シクロヘキサジエンやシクロヘキセンを合成することはほとんどない。その...

» 続きを読む

| | コメント (0)

45年ぶりに

 お会いした方も多い。なにせ中学校の学年同窓会へも初めて参加した。それでも「村井...

» 続きを読む

| | コメント (0)

選択的触媒還元

 (SCR)システムは、格子に銅を組込んだ菱沸石ゼオライトからなり、デ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

«炭素とケイ素は