« ICCST-13付録2 | トップページ | ICCST-13付録4 »

ICCST-13付録3

 5月上旬、招待講演の先生の一人から「5歳の娘と二人で行くことになった」というメール。大丈夫か!! nursery (託児所)、ここには「な〜さり〜」と送った。ウエルカムパーティーに彼女も参加。屈託のない少女。次の日のオープニングもほんわかとその場にいる。その先生の研究室から参加した学生さんが、時に面倒を見ている。ブレイクの時、会議場の数段が追いかけっこの場になった。その先生、JTBの担当者に幼稚園をお願いされた。「会議場近くにあり。英語をしゃべられる先生も赴任」とのこと。パパとの別れは寂しかったけど、その後はなじんだ様子。先生はほとんど会場におられた。バンケット前の太鼓に衝撃を受けた様子の少女。バンケット担当者から「黒ひげ危機一発」「お魚釣り」をその場で提供していただいた。ナイフをはめ込む。「海賊が飛び出しませんように」とワクワク感のあるゲーム。方やお魚釣り、隣に座っておられた別の国の方がご満悦。遠い国の方でもtoyは共通みたいです。

16.6.2

|

« ICCST-13付録2 | トップページ | ICCST-13付録4 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。