« ペルージャ | トップページ | リチウム硫黄バッテリーは »

ポリエチレンは

 世界で最も大量に使われているプラスチックで、プラスチック廃棄物の主な要因である。この廃棄物問題を解決する一つの方法は、ポリエチレンを有用な分子量の小さな化合物に変換することである。ただしそれは化学的には安定で効率的に分解させることは難しい。高温熱分解は可能であるものの、高価であり、炭化水素ガス、オイル、タールの複雑な混合物になっタールである。温和なリサイクル反応も開発されているものの、それらは反応性の高いラジカル反応を利用するもので実施するのが難しい。その中今回研究者らは、温和な条件でのクロスアルカンメタセシスでポリエチレンをより有用な液体燃料やワックスに分解する方法を開発した[1]。プロセスでは、ポリエチレンと容易に利用できる分子量の小さなアルカンの脱水素化でオレフィンを導く。オレフィンメタセシス反応では、これらのオレフィンを混合させ長鎖をさらに分解し、最後に水素化によってアルカンになり、反応後どこにでもあるかんなだった。

[1] Chemical & Engineering News, 2016 June 20, p. 7.

DOI: 10.1126/sciadv.1501591

16.7.10

|

« ペルージャ | トップページ | リチウム硫黄バッテリーは »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。