« 窒素分子 | トップページ | N-複素環カルベンを »

ヘリウムは現在

 天然ガス抽出の副生成物として集められている。ただしヘリウムの価格が10年まえの四倍まで上昇しているため試掘者らは、卑屈にならずに、新しい供給源を探索している。その中タンザニアにヘリウムが埋蔵されていることが発見された[1]。しかもその量は世界中で毎年消費される希ガスの7倍に相当するらしい。この新しい資源は、科学装置や医療用イメージング装置のヘリウム不足であかんわを緩和できる可能性がある。Helium One(会社)ならびに大学の研究者らは、タンザニアの東アフリカの地溝帯でそれを発見したがそこでは火山活動から生じる強い熱によって昔の地殻岩石にあるヘリウムが放出されていることが類推された。さらにオイル探索とガストラッピングの地震イメージと計算から、地溝帯のある一カ所に15m3のヘリウムが埋蔵されているとも推定された。なおこの発見は628日横浜で開催されたGoldschmidt 会議で発表された。地溝帯もっと近うかったらよかったい。

[1] Chemical & Engineering News, 2016 July 4, p. 12.

16.7.27

|

« 窒素分子 | トップページ | N-複素環カルベンを »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。