« クチン国際空港に降りた | トップページ | バンケット »

オープニング・セレモニー

 この街の要人の到着が遅れるとのこと、代わって根岸先生が登壇された。1963年当時の話を回顧される。渡米した頃、ケネディがニクソンに勝利して月にいくのだと宣言。ずきんと心に残った。実際1969年、腕っ節も強いアームストロング船長が月を歩いた。パデュー大学の卒業。クロス・カップリングの話、周期表から最近の成果など盛りだくさんだった。ISPACの基調講演10:30開始の予定。その頃要人が到着されたとのこと。11時頃からセレモニーが始まるということで部屋を移動。ICCSEISPAC34カ国から400名以上の参加者、日本から108名、お盆の時期に煩悩と同じ数。最初の基調講演は12時前に始まった。二人目がパソコンをセットしているとき座長が告げる。「30分でお願い」15分短縮を要請された。ようせんとも言わずに収められた。食事時にキーノート講演が続けられた。急ぎ食事をして戻って来てほしいとのこと。その後も講演者の入れ替え、プログラムより前に始まる講演。こちらも盛りだくさんだった。

16.8.19

|

« クチン国際空港に降りた | トップページ | バンケット »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。