« 関西空港まで | トップページ | オープニング・セレモニー »

クチン国際空港に降りた

 航空運賃、支払い済み、家賃は無用。ホテルまで10数キロをタクシーで移動。朝でも夜でも「ヒルトン」にチェックイン。フロントデスクの「もちろん」スムーズですという応対。WiFiのパスワード、朝食の時間帯が告げられる。皆様を歓待しています。しばし迷ってエレベーターの踊り場、目的の階に到着。カードキーを差し込んで入る。「寒〜い」エアコン設定20 °C、そんなんせんでいいって、とスイッチオフ。考えを一致してもらえる人はいない部屋の中。八畳ほどのリビングとベッドルーム、四畳半サイズのバスルーム。トランクの置き場を思案、ランキングする。キングサイズベッドのそばにした。身体を横たえて朝が来た。古い建物と新しい建物が混在する街クチンは「ネコ」を意味するとのこと。朝8時、コンファレンス会場行きのバスに乗る。4キロ程とのこと。わずかに曲がった道路、そこには車が溢れていた。40分程して目的地に到着。ICCEISPACのオープニング・セレモニーである。

16.8.18

|

« 関西空港まで | トップページ | オープニング・セレモニー »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。