« 逆浸透法を利用した | トップページ | 鞭毛虫である »

副編集長Kateさんの

 系統的調査の結果かどうかは知らない。ChemistryView websiteでは、リリースされた論文の著者にインタビュー形式で記事を作成して掲載しているとのこと。今回は自分たちの順番で、Dear Toshiakiで「やってみない?」というメールを拝受した。8月上旬である。What, How, Wayで始まる質問も含めて16種類の例文がある。さらに自分で考えてもよい。この研究の起源は何か?最も重要な点は?従来の研究との差異は?この研究にはどの程度の期間を要したのか。研究の動機づけを説明してほしい。どの程度のインパクトがあるのか?どの部分が最も挑戦的だったのか?など。日本語で回答を考えた。「なんとも手前みそな感じ、でも誰かは見そうな感じ」と迷いつつ英文にして写真と一緒に送った。迅速なKateさんから即日お返事。It looks really good already. 英文を一部修正したので確認をとのこと。96日リリース予定[1]。早速大切にしまっておきたいコメントをいただきました。

[1] http://www.chemistryviews.org/details/news/9677771/.html?elq_mid=11777&elq_cid=2584652

16.9.7

|

« 逆浸透法を利用した | トップページ | 鞭毛虫である »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。