« 新しい陽電子断層法(PET) | トップページ | 2002年 »

浜名湖を

 眼(まなこ)を開いて見る雨の中、舘山寺温泉着、貨幣の換算はご無用、円でよい、これも何かの縁。810年弘法大師らがここを訪ねて開祖された曹洞宗のお寺「秋葉山、舘山寺」急な山道を登る。本堂、ついで縁結地蔵尊、たくさんの絵馬・たくさんの願い事で覆い尽くされている。洞穴の中に祭られる穴大師、目の病にいいらしい。ここにも祈願した人たちの足跡がある。周遊道を歩く。誘導するのはところどころの看板と矢印。しばらく歩くと聖観音菩薩。忙殺される日々をしばし忘れて安全を祈願。この地は男女の心中が多かったため80年ほど前に、鎮魂と「思いとどめてもらえますように」という願いを込めて町の人たちが建立した。眼下の湖、昨日の怒濤が一変、穏やかな水面。少しのアップダウンの道を踏みしめる靴音。心地よいほのかな汗。カードゲームに興じた昨晩、手に汗握る戦い、七並べ:パスは三回まで、出せるカードがあってもパスをしてもよい。これが子供向けとされているゲームに駆け引きを付与させて、形式も景色も一変した。

16.9.22

 

|

« 新しい陽電子断層法(PET) | トップページ | 2002年 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。