« 天然ガスを綺麗にし | トップページ | 芳香環の »

有毒物質X

 いわゆるVXガスや関連するホスホン酸誘導体からなる神経ガスは酵素であるアセチルコリンエステラーゼの働きを不活性化し人を死に至らしめる。これによって神経伝達物質アセチルコリンが、懲りんと、より多く生産されて中枢神経さらには抹消神経系に毒をもたらす。現状医師は、これらの神経ガスにさらされた患者のアセチルコリンの蓄積の徴候をなんとかコントロールすることで処置している。ただしVXにさらされてからと有機リン化合物を無毒にするためのあいだに時間差がある。そこでより迅速対応するために、研究者らは、ヒドロキサミン酸基を組込んだスルフォナートカリックス[4]アレンを開発した[1]。これは、VXや関連する化合物を温和な条件下3-5分で不活性化できる。陽電荷を帯びた有機リン化合物は、陰電荷を帯びたカリックスアレンに入り込み、ついでヒドロキサミン酸との反応で不活性化される。反応は量論的で、現在開発されている触媒的な生物スカベンジャーほどは魅力的ではない。ただしこのカリックスアレンを使った手法はVXガスなどを取り除く確かな合成化合物への道を開く。いずれびっくりするほどに

[1] Chemical & Engineering News, 2016 September 26, p. 10.

DOI:10.1002/anie.201606881

16.10.16

|

« 天然ガスを綺麗にし | トップページ | 芳香環の »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。