« 化合物を励起状態に | トップページ | 合成ガス »

岐阜から名古屋まで

 運賃は、JR東海470円、名古屋電気鉄道(名鉄)550円、名鉄は名鉄岐阜−豊橋間を走るものの、この料金をベースに考えると、JRのほうが割安と思ってしまう。豈図らんや、弟に聞いてみても同様。岐阜−豊橋、JR1940円、名鉄1470円。名鉄の走行距離が短くなった?そうこうするうちに、名古屋−豊橋もチェックしたくなった。JR1320円、名鉄1100円なり。では走行時間は?JRの新快速およそ1時間15分、名鉄特急およそ1時間25分。豊橋駅の改札は両社同じで、プラットフォームも一部共有している。バスで豊橋技術科学大学へ移動。中部化学関係学協会支部連合秋季大会の会場である。受付近くのポスター発表会場。熱気と活気が溢れる中、自分たちの実験結果・成果が披露される。ほとんどすべての発表を聞きたいと思うと、意気込んで説明している学生さんに「そこはいいんで、This workから」なんて言ってしまう。適切なアドバイスもできず「やばいっす」と思いつつ、「頑張って下さいね」と取り繕いつつ、ポスター発表のスターを探していた。

16.11.6

|

« 化合物を励起状態に | トップページ | 合成ガス »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。