« 身体の中に棲む | トップページ | 平成29年1月1日 »

平成28年12月31日

 一年が過ぎる。前半は国際会議のお世話がかなりを占めた。無事締めることができた。多くの企業さん、県、コンベンション、大学の関係者さらには研究室のメンバーのサポートがあってこその仕上がりだった。国際会議を日本に誘致したいという国の方針、政府観光局も前向きとのこと、その会合で話して欲しいという依頼をいただいた。演題:「国際会議、岐阜でやっちゃいました」化学構造式が全く出てこない40分講演をこなした[1]。チームづくり、地元のリソース、オープニング、ハプニング、文章力・日本語力・英語力、イベント企画力、半端では通用しない。しかも臨機応変。講演は暴走していた?傍証も必要。通常なら名刺交換の機会もない方々、全国のコンベンション関連の方々とも懇談。バス会社の方のお話:観光バス、遅れがあっても出発地に戻ると「楽しかったわ」というお礼の言葉。一方で路線バス、わずかな遅れでも苦情が多い。非日常と日常でモードが入れ替わる。自分も日常に戻って大晦日を迎えた。皆様、良いお年を

[1] http://jccb.or.jp/topics/201608021520.php

16.12.31

|

« 身体の中に棲む | トップページ | 平成29年1月1日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。