« ハウスダストの | トップページ | セイヨウキヅタにも »

IUPACは

 5ヶ月間の公開レビューを経て、20161128日、四つの元素の名前と元素記号を承認し、1130日にアナウンスした[1]。発見者らによって提案されていた113番元素ニホニウム(Nh)115番元素モスコビウム(Mc)117番元素テネシン(Ts)118番元素オガネソン(Og)である。元素名の末尾は、歴史的さらには化学的な整合性が必要である。"ium"1族から16族の新しい元素に共通であり、"ine"17族、"on"18族である。5ヶ月間の間多くの意見が寄せられて、中には別の名前の提案もあったけれども、命名権は発見者に帰属するためにこれは客観的に却下。発音や別の言語にどう翻訳するかという質問もあった。さらにTsはトシル基の略号と知るものの、それでよいのかというのもあった。それに対しては「アルファベット二文字の多く略号があってそれは、化学の中でさえも様々な意味をもつこと、たとえばAcはアクチニウムにアセチル、Prはプラセオジムにプロピルであるが、元素記号としてははっきりしている」とのことである。Nhほんに素晴しいです。

[1] Chemical & Engineering News, 2016 December 5, p. 7.

https://iupac.org/iupac-announces-the-names-of-the-elements-113-115-117-and-118/

16.12.6

|

« ハウスダストの | トップページ | セイヨウキヅタにも »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。