« 地球上で | トップページ | ポリエチレン(PE)と »

カタツムリの形をした

 内耳には、およそ15000の有毛細胞があり、これによって人は聞くことができる、人の話を聞かない人でも。で聴覚学者のドグマは、これらの細胞が死滅してしまうと、戻ることはなくて、聴覚が消失してしまう。ただし今回の新しい成果では、有毛細胞の死が不変ではないことを示していた。ネズミの内耳では、有毛細胞の消失を逆戻りさせる分子の混合物があった。有毛細胞はいわゆる支持細胞に囲まれており、それが幹細胞のように作用し、別の形態に増殖し成長しうる。ハーバード、MITさらにはいくつかの病院からの共同研究者チームは、皿で成長させたネズミの内耳細胞で低分子混合物の試験を行い、支持細胞が大幅に増加し、本物の有毛細胞に変化する組合せを発見した。ただしここでの混合物は複雑すぎて人間には適応できないものの、大量の内耳の蝸牛細胞を操作することで、単一分子で有毛細胞の数を一挙に増やすことが可能になるだろうと考えられている。「内耳治療法の内示がないじ」から飛び出せますように。

[1] Chemical & Engineering News, 2017 February 27, p. 6.

DOI: 10.1016/j.celrep.2017.01.066

17.3.21

|

« 地球上で | トップページ | ポリエチレン(PE)と »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。