« アルミナの上に | トップページ | ある印象的な特徴を持つ »

B型肝炎が

 どのように副生し感染を引き起すかを理解するために研究が続けられている [1]。単にXとして知られているタンパク質が、わずか154アミノ酸の長さで、最も解明が進んでいないB型肝炎(HBV)のタンパク質である。HBVは肝臓に感染し短期で慢性疾患を引き起すしっかりんものであるが人にはよくない。生化学者はXがホスト細胞の中の多くのタンパク質と相互作用することを知っており、ウイルス感染、複製、最後にはガン形成で働くことを理解はしているが、タンパク質の構造と機構は未解明だった。その中今回、タンパク質が鉄を組込むことがわかり、元素分析やスペクトル解析の結果は、酸素存在下で単離すると[2Fe2S]クラスターを含んでいることを示していた。還元するとクラスターは[4Fe4S]に変換される。詳細は未だに不明であるものの、今後生化学分野では、鉄—硫黄クラスターの多様性と重要性がさらに明らかにされると思われる。クラスの人たちにもお伝え下さい。

[1] Chemical & Engineering News, 2017 April 10, p. 11.

17.5.5

|

« アルミナの上に | トップページ | ある印象的な特徴を持つ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。