« 青がベースの | トップページ | 連日夜更けまで »

世界で二番目に

 美しく、バンクーバーで最大、最古の公園スタンレーパークを訪ねた。すたれることのないこの公園では、水泳、バスケ、ゴルフなどのスポーツ施設もあるけど今回は馬車でいくつかの場所をドライブした。蹄が車道を蹴るパカ・パカが耳に心地よい。とっても高いトーテム・ポール前で一旦下車。先住民たちが、檜に何かのメッセージを込めて人や動物の顔なんかを彫刻した。コントラストの強い3色ほどで飾られている。再び馬車に乗る。右手には湾が広がる。その向こうには製油所が広がっていて,原油から取り出した粉末硫黄が鮮やかな黄色の山をつくっていた。人魚姫の銅像もどうぞ見てくださいとのこと、その左には大砲、かつては午後9時を告げていたそうである。はるか前方には吊り橋が見える。ICHAC-12のロゴにも採用されたライオンズゲートブリッジ、市と市の北側を繋いでいる。左に広がる森林にはアメリカヅカも多い。バラ園では、たくさんの花の中で蜂が活発に活動、そのバラバラな動きをカメラで切り取ろうとしたそのとき、蜂はあっちへ行った。

17.6.17

|

« 青がベースの | トップページ | 連日夜更けまで »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。