« リン、ホウ素さらにはNHCが | トップページ | 17ONMRは »

薬を

 クスリともせずに飲む。この場合二種類の薬を同時に飲むと有害な影響が出るのが通常である。それに対して今回、化合物ライブラリーを探索し、一つよりも組合せたほうが薬耐性ガンと戦うことができる系(コンボ)がデーターベース化された[1]FDAが承認している30000以上のリストは好ましい組合せを効果的に探すのには大きすぎる。そこでスクリーニングが容易なグループとして、同一の活性を持つ重複しているものや生物製剤を除外し954の全身に活性のある低分子に絞り込まれた。これらを構造と既知の活性をもとに分類分け、ソフトを使って代表的な物質を選び、CLOUDと呼ばれる308化合物のリストができた。ついでガン細胞に対してCLOUDをスクリーニングし、前立腺ガンの治療薬であるフクタミドと抗血栓症薬のフェンプロクモンが相乗的に作用し、薬耐性の前立腺ガンを退治できることがわかった。CLOUDにないこれらと同様の効果を示す薬も相乗効果を示したことから、絞り込みの妥当性も示された。コンボ、今後も探索が続く。

[1] Chemical & Engineering News, 2017 May 29, p. 7.

DOI: 10.1038/nchembio.2382

17.6.20

|

« リン、ホウ素さらにはNHCが | トップページ | 17ONMRは »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。