« 高い品質の | トップページ | メラニンは »

Synlettは

 いわゆる「intelligent crowd reviewing」(知的な大衆による査読)と呼ばれる実験を行っている[1]。科学雑誌の査読(peer review)は、三人の匿名の審査員が同じ研究分野から選ばれて、その人たちが、編集委員から送られた投稿原稿の質を判定する。それに対してIT企業と共同でSL誌は、審査員のための保護されたオンラインフォーラムを立ち上げた。著者の許可を得て10の投稿論文をそこにアップし、同じ分野のおよそ100の審査員に72時間公開した。これによって彼らが選んだ論文を無記名で評価できる。さらにはその中の他の人の審査結果にも意見を述べることができる。同時にいくつかの投稿論文については従来の審査過程での審査も行われた。今回の試験は時々言及されている「公開された投稿論文に誰でもがコメントできる大衆による審査」とは違う方式であり、また従来法に比べると迅速(数週間だったのが3日)で、より大局的なフィードバックが得られる。論文の著者も大衆のコメントが完璧であることと速さを認めていた。SL誌のこの実験は続くが、すべてをその方式に変えるにはまだ早いとのことである。

蒸気機関車の如く、SLは走り出している。

[1] Chemical & Engineering News, 2017 June 12, p. 7.

DOI: 10.1038/546009a

17.6.30

|

« 高い品質の | トップページ | メラニンは »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。