« 製薬企業では | トップページ | トロピリウムイオンは »

7月15日

 タイで開催されていた化学オリンピックが閉幕した。76カ国の生徒297名が参加。金メダル36、銀メダル65さらに銅メダル95が授与された。メダル獲得者の発表、銅から始まって銀メダル受賞者の発表が終わった、これが超現実的な瞬間になった米国から参加の生徒さん。米国チームは全員金メダルであることを確信した。興奮状態に浸っていた。今回のチームは、個々の知力の高さとお互いのスキルがお互いを補いつつ実力を向上させていった。スタディキャンプでは、模擬実験を繰返し、実際のテストは、すでに何度も行った内容だった。競技は5時間の理論的な試験と5時間の実験で行われる。実験は、有機合成を完了させること、スペクトルによってpHを決定すること、溶液中のわからないイオン濃度を明らかにするために、飽和塩溶液の滴定を行うことだった。トップスコアの金メダルはロシアからの生徒さん。台湾からの四人もすべてタイで金メダルだった。大したもんです。

[1] Chemical & Engineering News, 2017 July 24, p. 4.

|

« 製薬企業では | トップページ | トロピリウムイオンは »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。