« プロトンの重さ | トップページ | 阿弥陀ケ滝に »

学年同窓会に

 生まれて初めて参加した。40年以上お会いしていない人がほとんどだった。それでも覚えてもらっていた方々に感謝。今でも覚えてもらっていた人がたくさんの人を紹介してくれた。とはいえ、かつては同じ学び舎にいた。すでに退職された方、ばりばり会社勤めの人、ご商売をされている方、医院を切り盛りされている方、ない交ぜである。乾杯は最近売り出し中のアルコール度数の低い爽やかな乾杯酒。お庭で段取りされるタンドリーチキンにも、たんどり〜つけた。後半はライブ演奏、だいぶたくさんの経験がある方がなじみの曲を披露。70歳を超える三名の先生方にも参加していただけた、語りは往時と同じ。当時の体操に健康手帳。逆上がり、懸垂逆上がり、蹴上がり、このセットができれば最高ランクだった(はずである)。自分はできなかった。国語の先生86歳、家で読書に勤しまれているとのこと。帰りがけ「どんな本を読んでおられるのですか」「江戸時代の古文書、原文でやなあ〜」衝撃で小劇場は幕を閉じた。

17.8.12

|

« プロトンの重さ | トップページ | 阿弥陀ケ滝に »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。