« 学年同窓会に | トップページ | 市販のリチウムイオン電池の »

阿弥陀ケ滝に

 今年も詣でた。昨年同様の穏やかな流れかと思いきや、荒々しい滝に打たれた。滝壺で戯れる人はいない。滝に向かって右側の洞窟には、お地蔵様がたくさんおられる。手を合わせたいと飛び散る水しぶきを身体で感じながら中に入った。足下に気をつけながら渓流沿いを歩く。岩魚(イワナ)と流しそうめんのセット。案内された場所は流しの下流だった。数本のそうめんを箸に納めて少しずつ食す。それなりの景観の中20分程経過。上流の客人が満腹になった頃から流れが変わった。少しずつの後どんどん流れ来るそうめん。自分たちの前から流してくれるお店の方々、見せ場かもしれない。焼き上がった塩味の効いた岩魚、このミックス「いいわな」、でもノンアルコール。涼を体感できる場を離れて北へ向かった。コンビニでATMに寄りたいとのリクエスト。このクエスチョンの答え:「この先ないなあ」。それでも同乗者はどうしょうと両側を見る。幸い郵便局あり、そこでの手順、雄弁にかつクールに語ってくれた。

17.8.13

|

« 学年同窓会に | トップページ | 市販のリチウムイオン電池の »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。