« 市販のリチウムイオン電池の | トップページ | 培養組織から »

法執行機関は

 イヌが爆発物を嗅ぎ分ける力に依存している。ただしそれぞれのイヌのスキルが違うこともあって得手不得手も違う。その中今回、リアルタイムで爆発物からのあり得る臭いを分析することによってイヌの訓練を改良できるデバイスが開発された[1]。調教師は通常、TNTや他の爆発物を含む訓練用の材料をイヌに示してその材料から出てくる揮発物を認識させる。ついで材料を隠してイヌがそれを発見できる能力を評価する。課題は、調教師はしばしば複数の訓練材料を使う時に、様々な混入物があってこれが検出されなくて、イヌの評価の結果がふらついてしまう。訓練材料の妥当性とイヌのパフォーマンスを評価する調教師の正確性を改良するために開発されたリアルタイム質量分析は、1000兆分の1レベルで爆発物に含まれる九つの化合物の測定を可能にしている。この感度はイヌの検出限界とほぼ同等かそれ以上である。四匹のイヌが様々な隠れた爆発物を発見する訓練を受けた。ついで訓練用サンプルを分析したところ、正解だったり不正解だったりであった。爆発物が入っていないとされるサンプルへもイヌは警告を発したが、質量分析では68のブランクサンプルのうち6つは混入物があることがわかった。イヌはブランクもランクづけしていた。飼い主もびっくりである。

[1] Chemical & Engineering News, 2017 July 24, p. 6.

DOI: 10.1021/acs.analchem.7b00451

17.8.15

|

« 市販のリチウムイオン電池の | トップページ | 培養組織から »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。