« 師走とは | トップページ | 二重の水素結合に »

人への感染の

 半数以上はバクテリアによって引き起される。それが表面について、抗生物質で処置するのが難しいバイオフィルムを形成する。研究者らは、繊維をもとにした電気包帯を開発し、それが化学的にではなくて、物理的に感染と対峙し、バクテリアの抵抗性を向上させる力をそぐ方法を開発していた。今回まずは豚でのバイオフィルム感染の手当てをした時の包帯の効果が報告された[1]。包帯は、銀と亜鉛で水玉模様にパターン化されていて、体液と触れたときに、現場には、弱い電場ができる。この電場が、バクテリア同士の間でバイオフィルムを形成するために送る電子信号の邪魔をする。火傷した後に、人のバクテリア株に感染した豚の傷に、二時間だけ包帯をした場合、あるいは1週間包帯をした場合について、走査電子顕微鏡で検証が行われた。その結果、電気的な包帯は、バイオフィルム形成を阻止あるいは妨害することができて、プラシーボの包帯よりも回復が速くなっていることがわかった。化学的包帯が、物理的包帯に、交代かな。

[1] Chemical & Engineering News, 2017 November 13, p. 9.

DOI: 10.1097/sla.0000000000002504

17.12.3

|

« 師走とは | トップページ | 二重の水素結合に »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。