« 混雑する | トップページ | ICPAC »

スワンナプーム国際空港に

 降りた。ボーディングブリッジから移動の通路、長い道のりを移動。動く歩道で止まる人に苛立ちを感じて間を抜ける人もいる。この光景、今時分、今自分がどこにいるのかがわからなくなる。デンバー?カンザスシティ国際空港か、観察すると案内ボードに自分には馴染みのない文字。これがその場に来たことを示していた。待ち時間 、ラウンジを利用できそうである。ゲートがCなのでそこで聞くと「これはバンコクエアウェイズの搭乗券なのでD-7ゲートのラウンジを」とのこと。ゲート間の移動の芸当よく歩いた。ナイトキャップを忘れていた。最初のプランはここで購入予定。酔うてへんでも忘れることもある。離陸してシェムリアップ空港、タラップを降りて空港ビル、格別な情景である。税関検査を無事通過して忘れず購入。100ドル紙幣を出した。「私はキャッシャーでないので新しいドルが必要、これは古いドル」とのこと。??? 確かにもう一枚手元にあったそれとは違っていた。たくさんの紙幣をお釣りにもらって失敬した。

18.3.8

|

« 混雑する | トップページ | ICPAC »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。