« 目新しい小道具 | トップページ | 綿織物に含まれる »

熱帯淡水魚である

 ゼブラフィッシュに銅欠乏症を発現させるために、銅を摂取する役割を担うタンパク質の突然変異型が発現された。これによって魚は怠惰になり、睡眠と活動のサイクルが阻害された。このことは銅の調節が睡眠行動に重大な結果をもたらすことを示している。また研究者らは、ドーパミンβ-加水分解酵素にとって銅が重要ではないかと考えていた。さらにこの酵素は、青斑核として知られている脳のある部分にある神経伝達物質であるノルエフェドリンの生合成に含まれ、整合性を取るにも必要である。さらにその神経伝達物質に十分な銅があれば、それは活性化される。研究者らは二種類の同じサイズと形で、一つは硫黄原子四つを、もう一つは硫黄原子二つと炭素原子二つを持つ蛍光プローブや、スペクトル的な方法を使って検証したところ、青斑核には銅が豊富に含まれていることがわかった。銅が沢山の動画はまだない。

[1] Chemical & Engineering News, 2018 June 11, p. 8.

DOI: 10.1038/s41589-018-0062-z

18.7.2

|

« 目新しい小道具 | トップページ | 綿織物に含まれる »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。