« 触媒的な | トップページ | 麻酔薬ケタミンは »

多くのプラスチックデバイスは

 見えない薄いコーティングが施されている。その厚さはマイクロメートルで有機あるいは無機材料のこのフィルムが商品の幅広い特性を改良している。例えばポリカーボネートメガネレンズのポリシロキサンコーティングによって、引っ掻きに対する抵抗性がもたらされている。それでも製造業者は新しいコーティングを求めている。その一つ研究者らは、原材料を、盛りだくさんある、森に求めた[1]。様々な濃度のナノセルロースの小線維と、木からの強靭材料、ジルコニウムアルコキシドからなるガラス材料とエポキシで官能基化したシランからハイブリッドコーティングがつくられた。安価なコロイダル化学を使い、前駆体液を調製して、その混合物を柔軟なポリマー基質に散布し、そのサンプルを低温で固化させた。その結果、かなり透明なナノメートル厚さのフィルムが得られた。試験結果は、20wt%のナノセルロースを含むコーティングが、硬さと破壊抵抗をもたらし高分子材料を保護していることを示していた。顕微鏡分析では20000回曲げても層間剥離や亀裂は見られず、綺麗つであった。

[1] Chemical & Engineering News, 2018 June 18, p. 4.

DOI: 10.1021/acsnano.8b01057

18.7.7

|

« 触媒的な | トップページ | 麻酔薬ケタミンは »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。