« アレン骨格では | トップページ | 古代エジプトでは »

酸化鉄ナノ粒子の

 口内洗浄液で口内を洗浄すると歯医者さんに通う回数を減らすことができるかもしれない。ぜひこうないりたい。さらに今回のネズミで行れた実験では、その口内洗浄液は、新しい虫歯ができるのを抑え、歯で成長するバクテリアの破壊的なバイオフィルムを阻害しうることも示された[1]。研究者らは、カルボキシメチルデキストランでコートされた酸化鉄ナノ粒子からなるフェルモキシトールとして知られている製剤を使った。これは鉄不足を処置するためにFDAで承認されている製剤であるが、それが過酸化水素を分解し、ヒドロキシルラジカルを発生させることができるために、バイオフィルム阻害の可能性が考えられた。三週間の間に二回その溶液と過酸化水素を使い、子供の虫歯と類似の歯に穴があるネズミの口を洗浄した。これによって口内にある損傷の進展や健康な歯に対するダメージも抑えられた。今後は、健康なバイオフィルムに対する薬剤の影響も明らかにされたいとしている。無視はできない虫歯対策の大作になればいいです。

[1] Chemical & Engineering News 2018 August 6, p. 11.

DOI: 10.1038/s41467- 018-05342-x

18.9.10

|

« アレン骨格では | トップページ | 古代エジプトでは »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。