« 大洋での光合成は | トップページ | 5億8千万年前に »

ゴースト分子

 電荷密度が、通常ではない二原子分子のそれと類似な単一原子である。どこにも逃げんしだけど、ゴーストは三葉虫分子とも類似である。三葉虫は、電子がかなり高いエネルギー状態にあって、二番目の分子がリードベルグ原子のエネルギー準位を混合させて、化石になった三葉虫のような、異様な電荷密度パターンをつくる。2015年研究者らはセシウム原子から三葉虫分子を合成していた。今回別の研究チームは、励起した水素原子とエネルギーレベルに摂動を与える電場と磁場のパルス配列を使って、同じ効果を導くことを予測した[1]。ここには二番目の基底状態原子がないために、この効果をゴースト結合あるいはゴースト分子と呼んでいる。計算結果は、三葉虫様の電荷密度は10 Kで数ミリ秒続き、ゴーストではない三葉虫になるにつれて、電荷密度は2500 Å 1000デバイのオーダーの永久双極子モーメントを持つ。幽霊分子、夢分子、有名に?

[1] Chemical & Engineering News, 2018 September 24, p. 9.

DOI: 10.1103/physrevlett.121.113203

18.10.14

|

« 大洋での光合成は | トップページ | 5億8千万年前に »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。