« ソフトボール大会 | トップページ | スイスアーミーナイフ »

酷暑の中

 屋外で泳ぐのは酷でしょということで、室内プールが大盛況だった夏。暫く振りに出向いた。ロビーに顔見知りの方「お見えになるんですか、私は時々来るんです」「久しぶりです。かつては1000 mほど泳いでいたんですが」「へえ凄いですねえ、プールですか」ここは浴場もあるので、そちらだと思われたらしい。夏の喧騒が去った25 mプール。ノンストップコースには誰もいない。ゆるりと入ってゆるりと泳ぎ出す。スピード感のない平泳ぎ。泳ぎながら先ほどの会話が気になり出した。いかんわいわ。別に見ておられるわけでもなし、でもああ言った手前上、20往復するかと決心した。横のコースには二倍以上のスピードで個人メドレーをやっている小学生。それにつられると最後までは持たない。自分のペースを守ること。止まらずに、ゆっくりと進むことが肝要である。泳ぎ始めの200 mほどがなんだか厳しい。800 mを通過。ちゅうか自分の場合、ここからの100 mも厳しい。以前ペースを間違えて850 mで諦めてしまったことがあった。やっと1000 m鮮明に刻まれた。

18.11.12

|

« ソフトボール大会 | トップページ | スイスアーミーナイフ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。