« 酸化鉄を | トップページ | ソフトボール大会 »

土星の衛星である

 タイタンの大気にベンゼンがいたいたん、ことが2005年に報告され、多環芳香族炭化水素(PAHs)がタイタンの霞ではないかと言われている。PAHsは地球でも霞になるために、ベンゼンは高温で多環分子をどのように形成するかは理解されてきたが、タイタンは-70 °Cから-200 °Cである。その中研究室での実験と理論計算によって、この反応が低温でも起こり得ることが示された[1]。太陽光の紫外線放射は、タイタンの大気の数百キロメートルまで浸透している。これがおそらくベンゼンを照射しフェニルラジカルが生成、さらにビニルアセチレンと反応してナフタレンになる。さらにより複雑なPAHsを形成する系を理解するために研究者らは、ナフチルラジカルとビニルアセチレンを、タイタンの低温をシミュレートできる条件で反応させた。その結果、三環性のアントラセンやフェナントレン分子が同定された。加えてこの反応が低温でも進行しうる四つの経路が見つけられた。今回の成果は、太陽光UV光子が低温でラジカルを発生させることができ、PAH形成に燃焼や他の高温過程を避けることができることも示していた。光子の力が行使されてラジカルに

[1] Chemical & Engineering News, 2018 October 22, p. 4.

DOI: 10.1038/s41550-018-0585-y

18.11.10

|

« 酸化鉄を | トップページ | ソフトボール大会 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。