« バッテリーを作成するために | トップページ | 自由エネルギーを »

500以上の胎盤のサンプルの

 DNA配列が決定された[1]。これは胎盤の微生物叢を検出できるかどうかを明らかにするためと、検出できた場合には、それと妊娠結果の間の関連が、信認できるかを検証するためである。まず最初の実験では、二種類の技術を使って、80の胎盤からDNAの配列が決定された。もしそれぞれ特徴があれば、どちらの方法でも、それが見られるはずである。ただし大抵のサンプルでそれは見出されず、ほんのわずかなある種のグラム陽性菌のみが、わずかな数のサンプルで見られただけだった。二つ目の実験では、498サンプルを2回ずつ、異なる製造業者が提供するキットで配列決定を行った。それでも常に存在するようなバクテリア種は見られず、わずかな汚染が微生物叢の原因であることが提唱されている。このことから胎盤の微生物叢は、低体重の新生児の誕生との関連はないことが提唱された。胎盤についてさらに対談も行われていて、わずかにしかない微生物叢を同定することも課題である。

[1] Chemical & Engineering News, 2019 August 5, p. 10.

DOI 10.1038/s41586-019-1451-5

19.8.28

|

« バッテリーを作成するために | トップページ | 自由エネルギーを »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。