« 天然物合成の際には | トップページ | 納骨式 »

大気汚染に

 晒されることと、低体重出産、早産や他の通常ではない出産との間に関連がある。何年にも渡って科学者は、これらの負の効果を生み出す機構の解明に取り組んできた。今回新しい研究成果が重要な指針を提示していた[1]。それは小粒子物質が、胎盤を通過することである。研究では黒炭が注目された。それはごく微小の粒子で、化石燃料や他の有機物の不完全燃焼によって生じる。黒炭粒子は、重金属のような有毒化合物でコートされていることもあって、特に有害である。研究では28人のお母さんから胎盤サンプルをいただき、それに高速レーザーパルスを照射したところ、胎盤にあった黒炭粒子は白色発光した。これらの粒子は、全ての胎盤の母体と胎児のどちらでも観察された。さらに黒炭の濃度が濃くなるんは、より汚染が広がった地域に住む女性の胎盤だった。研究者らはさらに長期的に、子供の発達と健康について追跡することを計画している、黒炭の極端な影響、是非とも避けたい。

[1] Chemical & Engineering News 2019 September 23, p. 9.

DOI: 10.1038/s41467-019-11654-3

19.10.19

|

« 天然物合成の際には | トップページ | 納骨式 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。