« 陰電荷を持った | トップページ | 天守が今も残る »

よしあき君が

 ポンジュースを提供。受付にはマドンナ。微睡むと講演が聞けない。カルフルホールにて、質問を軽〜くふ〜る。その前に発表者の12分講演。初日の最初から、充実した内容の発表。質問の手が上がる。本質を突いた質問、質問の答えにさらに質問が重なる。1991年安定一重項カルベンを発表されたArduengo先生の特別公演。その論文の被引用回数は4000近い。他にも千回を超える被引用回数が1000を超える論文が複数ある。1800年代の論文にも言及された特別講演。有機リン化学分野を開拓されている先生、反芳香族環状化合物の開拓。その夜の懇親会。超大型の舟盛りに、伊予牛ステーキ。林立する地酒、午前様になるも三日目も始まり前、会場にたどり着いた。学生講演の後の先生方の講演。新進気鋭からベテランの先生。機能性分子について熱演。誰かは言えません。優秀講演賞の発表。該当する受賞学生の代理の先生方。自分も含めておじさまがカメラの被写体。カメへんか。松山開催の有機典型元素化学討論会、学生さん、スタッフの方々、お世話になりました。次回は、高崎Gメッセ開催。メッセージをいただきました。

19.12.8

|

« 陰電荷を持った | トップページ | 天守が今も残る »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。