« 2020年1月1日 | トップページ | 今から思えば »

ファースト・オーダーの

 最高指揮官、レン騎士団も率いるカイロ・レン[1]。ダークサイドのパルパティーンから、「新たなスター・デストロイヤーと巨大艦隊を授ける。ただしレイを殺せと」いう命令が下る。これはファイナル・オーダーである。一方レイ、礼儀正しく、フォースの修行を繰り返す。その中、パルパティーンの計画を知ったオーガナ将軍率いるレジスタンス。その計画を阻止するために、パルパティーンが棲む惑星エグゼゴルに行かなくてはならない。その場が記された剣(ダガー・ナイフ)が、「かつてのデス・スターの残骸の中にある」という話を聞く。降り立った地には、ジャナたちが静かに暮らしていた。荒れ狂う海の向こうにある残骸。明日にした方がいいというジャナ。なかなかいいじゃない、そのムード。その中レイは、飛行船スキマーで残骸の隙間に入り込む。手に入れたダガー・ナイフだが〜、その文字をC3-POは認識できるものの、伝えることが禁止されていた。ハッカーに依頼して、図らずもC3-POが翻訳した位置を確認できた。近くの惑星に到達したレイら。レンも現れ、レイの生い立ち、両親や祖父のことが明らかになる。その頃、レジスタンスでは、オーガナ将軍が身罷った。その後をつぐポー。エグゼゴルに向かい、巨大艦隊と対峙するも数の多さに歯が立たない。レイは、パルパティーンの誘惑に、怒りと復讐の念を掻き立てられる。思い留まろうとしている。戦う力も気力を失ったレイに、かつてのジェダイたちの声が届く。ルーク「Rey、the force will be with you always.」(多分)再び立ち上がったレイ。戦い終えて、静かな惑星タトゥイーンに降り立つ。「こんな所に人が?珍しい、名前は?」「レイ・スカイウォーカー」

[1] スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(2019.12.20公開)

20.1.2

|

« 2020年1月1日 | トップページ | 今から思えば »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。