« 太陽光を吸収する | トップページ | 白髪は »

材料科学者は

 10年以上にわたって材料の特性に関する複数のパブリックなデータベースを構築するアイデアを採用してきた。データベースがまたで〜たである。今回のソフトウエアであるプロプネットは。材料の特性間の数学的な関係をマッピングすることによって利用できるデータの提供を目的としており、これがこれまで測定されていない特性を提示できて、新しい材料開発やこれまでの材料の新たな利用方法を見つける可能性を示している[1]。例えば材料の原子の密度に関する実験的なデータを入れ込めば、プロプネットは、ユニットセルの中の原子あたりの体積を計算することができる。さらに特性同士の遠い関係も追跡できる。別の例として、半導体ウルツ鉱であるCdTeの20の特性に対する20の値を入力すると、プロプネットは41の新しい特性に対する629の値を計算していた。このプロプネットは。機械学習アルゴリズムとも組合せ可能である。さらにこのソフトウエアは、視覚的な長さと電子特性という、違った属性の性質の関係も示していた。プロプネットに関するブログ、ネットにアップされた。

[1] Chemical & Engineering News, 2020 January 27, p. 7.

DOI: 10.1016/j.matt.2019.11.013

20.2.15

|

« 太陽光を吸収する | トップページ | 白髪は »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。