« III族とV族の | トップページ | グラフェンを製造する »

午後11時

 御茶ノ水駅近くの、水ならぬ居酒屋さんから出て、タクシー乗り場へ移動。えっ、今日は日曜日かと思ってしまった。この曜日のこの時間帯、たくさんの人が行き交い、乗客を待つタクシーも数台いて、それを利用される方もいた雰囲気だったはずである。とりあえずタクシー乗車。聞けば今週になってムードが変わったらしい。「ともかく人が出ていない。このままじゃあ夜走ってもなあ」というお話も聞いた。ほどなくホテル付近に到着。思わず「お釣りはいいですよ」「ほんとですか、有難うございます」でお別れ。お別れしたものの、この大都会のために、という言い訳を糧にコンビニへ入った。いつもの情景、外国の方が務められるお店。不景気みたいなこの街のためにということで、多めのビールを手にしてレジで精算。おもわずWhere did you come from?と聞く。 I am from Uzbekistan。こちらはスタンスもわからず、Have a nice dayになってしまった。でもそれって、あり得ナイスデイかもしれないです。

20.2.19

|

« III族とV族の | トップページ | グラフェンを製造する »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。