« ブルバレン | トップページ | 金属が媒介する »

突然の変更で

 留学生は、来日した時には特別な検疫を受けてOKだったらとりあえず入国できるということになった。ただしその後、公共の交通機関を使わずに14日間待機できる場所に移動、ついでそこで外出せずに過ごさなくてはいけない。日本時間の28日午前0時以降に飛び立ったフライトに搭乗した場合にこれが適用される。4月入学予定の5名の留学生にどうしてもらうか、緊急の打合せ。来週以降に来日予定の学生さん:今回の入国は断念してもらって秋からのスタートを推奨する。別の学生さんたちはすでに地元を出て国際空港のある町で待機のはず。期待と不安の中で国際線のフライト時刻を待っているに違いない。ただしその便の出発時刻は、政府の指定した時刻の後だ。中部国際空港に到着して検疫がOKでも行き場がない。自家用車で迎えに行ったとしたら、迎えに行った人たちも14日間自宅で経過観察になるらしい。今ならまだ国際線のその便は飛び立っていない。メールなどでコンタクトしていただいた。地元からのフライトが遅延、来日を延期していただいた。元気で秋には来られますように。また対応していただいた方々に感謝です。

20.3.28

|

« ブルバレン | トップページ | 金属が媒介する »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。