« 直鎖アルキルベンゼン | トップページ | 軟体動物の殻を »

大野神戸ICで

 東海環状自動車道に入る。昨年12月14日に大垣西ICまでが開通したこの道。お好みになりそう。この日ほとんど車の通行がなかった。速度制限を超えてしまいそうである。時に対向二車線。それでも養老JCTに寄ろうとするのも便利だ。雨が降る中、そのまま名神高速道路から京滋バイパスを通って宇治東で降りた。黄檗山萬福寺にて母の永代供養を執り行った。1661年中国の僧、隠元禅師によって開創された禅宗のお寺である。インゲン豆は禅師が持ち込んだ豆とされる。威厳があるかもしれない。毎月8日は、ほていまつりが開催されて、お本堂などが賑わっているはずだけど、中止行事になっていた。総門から訪問すると巨大な三門が迎えてくれる。天王殿から大雄宝殿へと繋がる。寺務所で手続きを済ませてお堂に案内される。独特のお経を拝聴しながらの焼香、その後納骨も執り行った。20年以上前に身罷った父もここにいる。仏事が完了した後、普茶料理をいただく。むっちゃ工夫されていた。

20.3.8

|

« 直鎖アルキルベンゼン | トップページ | 軟体動物の殻を »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。