« 大都会の冬に特有の | トップページ | 遺伝子操作で »

抗菌グッズが

 品不足である。そこで化学に馴染んでいる人は友人や親戚から、SARS-CoV-2殺菌に有効な代替品はないのかと聞かれるかもしれない[1]。そこでC&ENはガイドを作成した。最も重要なことはラベルを読むことである。米国環境保護庁(EPA)は、殺菌剤の承認規制を行い、ラベルには殺菌剤を安全に使う方法を記載している。例えば排気されたエリアで使うべきもの、混ぜてはいけない薬品のリスト、それを守らない場合には毒ガス発生のリスクや、想定していた効果が大きくなりすぎたり、弱くなってしまったりする。どんな布で使うかもその効果の程度に関わる。例えばペーパータオルを長い時間ある種の殺菌剤につけておくと分解する。ティッシュの中の織物は反応しないように設計されているため、類似品を自分自身で作成するのは避けた方がよい。液体殺菌剤は標的とする表面にスプレーし、ラベルに記載の時間、放置しておくべきである。SARS-CoV-2は脂質膜に囲まれているため多くの殺菌剤によってそれを壊すことができる。商品のいくつかはテストされていて、その結果がEPAのデータベース「リストN」[1]に掲載されている。ラベルを比べるとさらに詳細が分かるかも

[1] Chemical & Engineering News 2020 May 25, p. 24.

[2] https://www.epa.gov/pesticide-registration/list-n-disinfectants-use-against-sars-cov-2

20.6.1

|

« 大都会の冬に特有の | トップページ | 遺伝子操作で »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。