« バイオフィルムは | トップページ | 噛む、咀嚼する、スライスする »

小児肥満症は

 世界中で大きな問題になりつつある。ただその原因は複雑でほとんど理解されていない。研究者らは以前、パーあるいはポリフルオロアルキル化合物や副流煙が子供の肥満にどのように影響するかを示した。それでも実際の生活の中で、複数の因子に子供が晒される場合の影響はほとんど考慮されておらず、その中のある特定の危険因子の重要性は、聞けんのが現状だった。その中今回国際研究グループは、150以上の可能性のある危険因子の個別の影響、混ざったときの影響を調査した[1]。研究者らは六つの欧州の国々から1300以上の6歳から11歳までの子供について、肥満と危険因子にさらされた個別の経験を検証した。その結果、妊婦さんの時に喫煙していた母親の子供は、太りすぎの傾向があった。この研究は、インドアの汚染、特に微粒子物質や二酸化窒素が肥満に影響することを示した最初の例である。さらに母親がより高い教育を受けている場合、インドアの二酸化窒素と小児肥満症の相関はより強かった。研究者らはこのリンクに興味を持っている。インドアでのリンク、インクで書き留める。

[1] Chemical & Engineering News, 2020 June 29, p. 7.

DOI: 10.1289/EHP5975

20.7.16

|

« バイオフィルムは | トップページ | 噛む、咀嚼する、スライスする »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。