« 地球に落ちた | トップページ | トロポロンは »

沈没した船は

 人が制作した無生物の作品のようであるものの、それは微生物群に由来する動的水界生態系のホストである。今回研究者らは、同じ沈没船でも多くの部位で微生物群は複雑であることを、初めて明らかにした[1]。ノースキャロライナ海岸の浅瀬から、博士も混じって、目に見える腐食しているものの人の手が加えられていない自然の物質のサンプルが集められた。その結果、これらのサンプルを集めた位置によって、微生物群が明らかに異なっていた。これは体の中で微生物が好む特定の場所があることと同様である。沈没船の中で微生物は自分自身にとって最も適した場所を選んでいる。さらに沈没船に直接繋がっている新しい鉄酸化菌が初めて同定された。その菌には既知の菌[2]の新種も含む。これらの菌は鉄が豊富な船体の生物腐食を行うとともに、ゲノム分析によれば窒素や炭素固定も行う。これによって菌は別の有機体を呼び寄せて、人工の岩礁のような持続可能なエコシステムを形成する一助になっている可能性がある。この洞察は、水面下の考古学的な場所を保存する戦略へのヒントになり得る。沈没船研究から、ボツにせん成果が。

[1] Chemical & Engineering News, 2020 August 31, p. 9.

DOI: 10.3389/fmicb.2020.01897

[2] マリプロフンドゥス・フェッロオクシュダンス:グラム陰性微好気性の鉄酸化細菌

20.9.22

|

« 地球に落ちた | トップページ | トロポロンは »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。