« ローマ帝政時代 | トップページ | 1,4-ジオキサン »

生物学的低分子は

 タンパク質とは違って、テンプレートが誘導するプロセスで合成されない。そのため代謝物成分であるそれら低分子全てを同定することは難しい。その中研究者らはこれまで知られていない代謝物の同定をより簡単にする濃縮法を報告した。この方法、すなわち濃縮によって代謝作用の詳細を解明する方法(DIMEN)では、クリック化学を使ってサンプルからの代謝物を捕捉するため、アルキンで修飾した低分子とアジド吉草酸リンカーで修飾した固体担持を使う。アルキンで修飾した低分子の全ての代謝生成物は、アジド固体担持との反応で抽出されて、その後質量分析で開裂される。物理的に濃縮すると複雑な代謝物混合物から標的の代謝物を分けることができて、そこに分析のためにレポーターイオンをつけることができる。ここではある種の線虫が生産するシグナル分子であるアスカロシドが注目された。線虫にアルキン修飾のアスカロシドを与えたところ、数百のこれまでには知られていなかった代謝物を同定することができた。代謝物は台車に乗せたのでしょうか。

[1] Chemical & Engineering News, 2020 November 9, p. 11.

DOI: 10.1021/jacs.0c06877

20.11.29

|

« ローマ帝政時代 | トップページ | 1,4-ジオキサン »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。