« 午後3時7分 | トップページ | 柔軟で伸縮自在の »

コーヒーカップの中の

 カフェインを別のものにすべて置き換えても、気をつけなければいけない[1]。それはあなたが使っているシャンプーにも入っているかもしれない。カフェインは今や、パーソナルケア製品の添加物として上昇中である。化合物販売業者であるIMCDによれば、パーソナルケア会社は、2021年当初から北米単独でも、カフェインを含む1000以上の製品を売り出している。処方化学者によれば、カフェインは、増毛促進、セルライトと戦う、肌に締まりをもたらすというのが主な効果である。ヘアケアに関する実験では、髪の毛の密度やふくよかさが改善されたことが示された。彼女によれば、特にビタミンB3の一種であるナイアシンアミドとの組合せが効果的であるらしい。一方でローションやボディ洗浄が十分なカフェインを供給し、肌の手触りやハリに影響する層に届くかどうかについては懐疑的である。カフェインは通常、非常に低い濃度で使われているが、もしお気に入りの製品の成分表にそれがあれば、眠気を失ってしまうほどには使わないように注意したい。

 コーヒーをヘアトニック代わりに?トリックはありません。

[1] Chemical & Engineering News 2024 March 11/18, p. 56.

24.4.1

|

« 午後3時7分 | トップページ | 柔軟で伸縮自在の »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。